ママにとって最も身近な税金、『消費税』の増税が延期に!

2017年4月より10%になるはずだった消費税。
それが2019年10月に延期となりました。

日本の消費税のこれまで

日本の消費税は、1989年に税率3%でスタートしました。

1997年には5%に上がり、
2014年には8%になり、
2015年には10%に上がる予定でした。

しかし、それが2017年4月に延期になり、今回さらに延期となったのです。

消費税は全ての人が支払っている

2016年、その消費税収は、約17兆円。

消費税は今では、国税として徴収した税金の3割も占めている税なのです。

安定して徴収出来ています。

なぜならば、消費税は景気に左右されにくく、
収入のない人でも買い物をすれば必ず支払う事になる、
すべての人が支払う税金だからです。

増税が延期になったから高い買い物?

消費税増税が2017年4月に延期になったことにより、
「高い買い物は今の内にしておこう」という気持ちが芽生える方も多いのではないでしょうか。

それまでの期間に“大きな買い物を”と、既に計画し始めたご家庭もあるかと思います。

著者は、前回の増税の前に駆け込みで一軒家を購入しました。

買ったものの・・・住んでいません。
まだ、お金にそこまでアンテナがなかったのか、
アンテナの使い方を間違えていたのかわかりませんが、失敗でした。

自分の現在のライフスタイルと、一軒家を買ったエリアが合っていなかったのです。
本当にもったいないですね。固定資産税もかかります。

増税が延期になり、増税まであと3年。

この3年に、大きい買い物をする方は、
「増税までに駆け込まなければ」ではなく、
「本当に必要なのか」をメインに考えて冷静に決断してほしいと思います。

P R

ABOUTこの記事をかいた人

たかはしみずせいこ

2009年生まれの娘と夫との3人暮らし。 大妻女子大学卒業。 産後、一旦専業主婦になるが「老後はセレブ老人ホームで暮らしたい」気持ちの元、ワーキングマザーになる。 現在、1.投資と経済に敏感 2.お得に生活したい 3.教育にもお金をかけたい と お金に関して調べる日々を暮らしています。