焼き菓子のプレゼントに簡単“見せる”ラッピング☆

手作りのお菓子を作られる方も増えましたが、同時にプレゼントすることも多いかと思います。

今回はプレゼントするときに便利なラッピンググッズと、ラッピングの実例をご紹介したいと思います。

最近では100均でもかわいいラッピンググッズがたくさん販売されていますね。

季節やイベントに合わせて様々なラッピンググッズも出ているので要チェックです♪

便利で可愛いラッピンググッズ

1 ラッピング袋など
プレゼントには、持ち運び・保存の面などで焼き菓子は優れていますが、
箱などにただ入れるだけでは表面が乾燥してしまったり、逆に湿気てしまったりします。

そこで便利なのがラッピングバッグと呼ばれる袋状のもの。

様々なサイズやデザインがありますし、比較的密閉に近い状態が保てるのでおススメ。

また、シールがあるとラッピングのポイントになります。

透明なラッピングの袋を使った場合などには特にシールがアクセントになり、見た目も締まります。

最近では100均でもかわいいシールがたくさんあるので、チェックしてみると楽しいですよ。

お菓子以外でもちょっとしたプレゼントにも使えるので、マスキングテープ同様、ちょっとストックしておくと便利かもしれませんね。

2 レースペーパー

それから、ラッピングに便利なグッズの一つがレースペーパー。

大中小とサイズも様々でレースのデザインも様々。
お客様にお菓子などをサーブするときだけじゃなく、ラッピングにも大活躍してくれますよ。

 

ラッピングバッグを使った焼き菓子のラッピング実例

先に紹介した、ラッピングバッグを使った焼き菓子のラッピングをいくつかご紹介します。

レースペーパーやシール、リボンなども使い方によって雰囲気が変わるので、お好みに合わせて楽しんでみてください。

シール+カップ

マカロンとパウンドケーキのラッピング

マカロンは100均の焼き菓子用のカップに入れて、透明の袋に入れて後ろで閉じています。
パウンドケーキは一切れずつカットしていれました。

どちらにも100均のシールをポイントに。

シール+レースペーパー+リボン

パウンドケーキ1本ラッピングパウンドケーキを1本、食べやすいようにあらかじめカットしてから、レースペーパの上にのせ、大き目のラッピングバッグに入れています。
底の両方を三角に折って、底でテープで止めて、パウンドケーキにしっかり沿うようにし、
袋の上の部分は余分が多いので少しカットして、パウンドケーキに沿うように底で止めたら、リボンをかけて出来上がりです。

パウンドケーキは一つずつラッピングする場合もあれば、このように大きなままラッピングする場合も。

シール+レースペーパー+リボン+ペーパークッション

マドレーヌラッピング2小分けにしてラッピングしたマドレーヌを数袋、
少し大き目のラッピングバッグに入れてレースペーパーをかぶせたら、ホッチキスで止めます。
こちらは、ホッチキスの芯にかぶせるようにマスキングテープのかわいい柄の部分をカットして、
短くしたリボンを一緒につけて止めました。

マドレーヌの作り方は→『マドレーヌ 〜ワンボウルで手軽に楽しむ香り豊かなフランスの定番お菓子

ラッピングボックス

フィナンシェラッピング ボックスフィナンシェは「財界」「金塊」という意味のアーモンドプードルとバターをたっぷり使った卵白で作るリッチな金塊型の焼き菓子。
こちらは透明のラッピングバッグに小分けに入れた後にボックスに入れました。

ラッピングボックスを使う場合でも、そのままボックスに入れるのではちょっと衛生面も心配。

人数が多い場合にも小分けにしてボックスに入れておくと、みなさんで分けてもらいやすいなどの利点も。

焼き菓子は特にバターを多く使います。
空気に触れると酸化したり、湿気てしまいます。

いずれにしてもお菓子はなるべく空気に触れない方がおいしくいただけますし、衛生面や保存面でも大事です。

お菓子は見た目のかわいさや「おいしそう!」と思わせるラッピングも大切。

衛生面も考慮しつつ、もらったときに感動できるラッピングができたら楽しいですね。

P R

ABOUTこの記事をかいた人

Minami

8歳差の男の子と女の子を子育て中のママです。 大好きなフランス菓子を中心に、おうちスタイルで子供たちと楽しんでいます。 作ったお菓子を撮影するのも好き。 お菓子の持つかわいらしさ、美しさ、おいしさ、そして笑顔の魔法を伝えられたら嬉しいです。