お盆のお墓参り。正しいお墓参りの作法を身に着け、大人として恥じない立ち居振る舞いを。

largeこれでもう恥ずかしくない!
お墓参りの正しい作法を学びましょう。

お盆に入り、今日はお盆の帰省ラッシュのピークだそうですね。

お盆の帰省といえばお墓参り。

毎年行くものの、実は正しいお墓参りの作法を知らない。という人は意外と多くいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今日は、一般的なお墓参りの作法をご紹介したいと思います。

そもそも、お盆ってなに?

お盆とは、死者が年に一度帰ってくるという信仰に基づき、死者に供物をし供養する行事。
地域によって差がありますが、主に8月13日の迎え火~16日の送り火の4日間とされており、
この期間に僧侶を呼び初盆・新盆の法要をする他、お墓参りが行われます。

正しいお墓参りの作法

[label color=”#90ACD4″ title=”1″]手を洗い浄め、手桶に水を汲んで墓地へ向かいます。
[label color=”#90ACD4″ title=”2″]自分の家のお墓の前についたら一礼する。
[label color=”#90ACD4″ title=”3″]お墓とお墓の周りを掃除する。
●お墓の周辺をホウキで掃き、雑草は抜きましょう。残っている枯花があれば取り除き、花立てをキレイにします。外して洗えるものがあれば一緒に洗ってキレイにします。
●墓石は、キレイな水をかけ清めます。
●墓石の汚れは、柔らかいスポンジやたわしでやさしく汚れを落としましょう。
※墓石には水をかけず、固くしぼった雑巾で拭くという方法が正しいとされる場合もあるそうです。
[label color=”#90ACD4″ title=”4″]お墓がキレイになったら、お線香、お花やお菓子などのお供え物をし、礼拝します。
●お供えしたまま帰る事になるお花は、後で倒れないよう短く切り供えます。お花は一般的には菊を中心としますが、故人の好きだったお花でも良いです。
●お線香は、燭台に立てたロウソクから束に火をつけ、炎は手だけであおいで消し、お線香の先端だけが赤く灯った状態にします。
●お線香は、立ててお供えする、寝かせてお供えするなど宗教によって異なります。
●お供え物は、半紙や用意しておいた器などにお供えし、帰る時には持ち帰ります。
●礼拝は、両手を合わせ先祖や故人の冥福を祈り、近況報告などをします。

お墓参りの服装は、初盆など法事法要の場合は喪服ですが、
そうでない場合のお墓参りでは特に決まった服装はありません。
極端に華美な恰好でなければ大丈夫ですが、大人としてやはり身なりは整えておいた方が◎です。

正しいお墓参りで心を込めた思いを伝え、正しい先祖供養をしてくださいね。

※こちらで紹介したお墓参りの方法は一般的な仏教のお墓参り作法です。
キリスト教や神式は違いますので、ご自身の宗教に沿って正しいお参りをしてください。

写真:weheartit.com

P R

ABOUTこの記事をかいた人

MAMA's JOB 公式

元女性誌編集者・元広告代理店勤務・元デザイン会社勤務・元キャスティング会社勤務等の経歴を持つママたちが、 それぞれの経験を生かしながら、専業主婦の傍らで在宅フリーランスとして活動中。 ママたちがもっと輝けるお手伝いがしたい!と、 MAMA's JOBでは有志でママに役立つ情報やママが楽しめる情報を探し執筆しています。