親子で楽しみたい!子連れ花火大会マニュアル2014

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
事前にしっかり準備をして
子連れ花火大会を満喫しよう!

日本の夏の風物詩、花火大会。

『子連れ 花火大会』で検索してみると、
小さい子を花火大会に連れてくるなんて迷惑・非常識といった書き込みがとても多く、
なんだか切なくなってしまいます。

私達親も、子連れであの人ごみ・・・と思うと億劫にもなりますが、
物心ついた子供が居れば、花火大会を見せてあげたいという親心も芽生えるでしょうし、
3歳も過ぎれば「花火!」と子供自身が楽しみにしている場合だってあるでしょう。

しっかり調査と準備をしておけば、子連れでも花火大会は楽しめるので、
今年は事前準備をバッチリにして花火大会にお出かけしてみてはいかがでしょう。

 

[label color=”#000080″  title=”まずはリサーチ” ]

子供と花火大会を楽しむには、しっかりした事前リサーチが必須。
大人だけなら「今日花火大会あるみたい!行ってみよう!」なんて勢いでも楽しめますが、
子供がいるとなるとそうは行きません。

帰宅は夜になり、また混雑する事を踏まえ、自宅や宿泊先からの距離や帰宅ルートや、
トイレなどの周辺環境などもしっかり調べておく必要があります。

また、リサーチとは異なりますが、
『混雑前を狙って、花火大会の途中で会場を離れる』や、
『子どもが酷く愚図り、周りに迷惑を掛けるようだったら諦めて帰る』など、
子連れだからこその割り切った心構えも事前に決めておくと良いでしょう。

[label color=”#000080″  title=”子連れにおススメの花火大会” ]

調べてみると、子連れにもおススメな花火大会は意外と多いもの。
中でも、トイレなどの環境設備が整っていたり、駅からのアクセスが良いなどの開催場所が子連れにはおススメ。
また、有料席のチケットを取るなどする事も子連れにはおススメです。

下記には都内の有名花火大会の中でも子連れにおススメと言われる花火大会の今年の情報を挙げておりますが、
お住まいの地域でも子連れでも行きやすい花火大会はあるはずですので、是非探してみてください。

第26回 東京湾大華火祭
開催日時 2014年8月10日 18:50~20:10(荒天時中止)
開催場所 東京湾晴海埠頭沖海上、晴海ふ頭公園
打ち上げ 約1万2000発
去年の人手 約68万人
有料席 (チケットぴあにて発売中)
●晴海個人協賛会場(イス)→1口7000円、1人4口まで
●日の出会場(イス)→1口7000円、1人4口まで
●豊洲第一会場(イス)→1口5000円、1人6口まで

無料スポットは人出が多いので子連れには不向き。
お子様連れは、やはり有料席から見物するか、屋形船を利用するのがおススメ。
北千住大橋から運航予定の濱田屋の乗合屋形船なら、4名から予約が可能。
貸切じゃなくても楽しめる屋形船は、ファミリーにとてもおすすめです。

神宮外苑花火大会
開催日時 2014年8月16日 19:30~20:30(小雨決行、荒天時17日に延期)
開催場所 神宮第二球場
打ち上げ 約1万発
去年の人手 約100万人
有料席(チケットぴあにて発売中)
●神宮球場スタンド席・アリーナ席→1名6500円
●秩父宮ラグビー場スタンドSS席→1名5500円
●軟式球場指定席→1名5000円
●他神宮外苑絵画館前、東京体育館敷地内、国立西テニスコート

神宮外苑花火大会は、入場料が必要です。
ですが、神宮外苑花火大会は、国立競技場や神宮球場が観覧席として使用されるので、
トイレやおむつ替えのスペースなど環境が整っているので子連れにはおススメ。

花火だけでなく、花火開催前にショーも楽しめるのが嬉しい!

立川まつり昭和記念公園花火大会
開催日時 2014年7月26日 19:20~20:30(小雨決行、荒天時27日に延期)
開催場所 国営昭和記念公園 みんなの原っぱ周辺
打ち上げ数 5000発予定
去年の人手 約33万人

有料席(ローソンチケット・ミニストップにて販売中)
●レジャーシート付きチケット3600席→1名2500円
●イス席チケット736席→1名3000円
●お弁当付きイス席チケット200席→1名3700円

立川まつり昭和記念公園花火大会も公園内なので、トイレなどの環境が整っていて子連れにはおススメの花火大会。
有料観覧席も用意されていますが、
昼間から場所取りをかねて昭和記念公園内で遊んでそのまま花火見物が出来るのでおススメです。

[label color=”#000080″  title=”準備しておきたいもの” ]

●足拭きタオル
汗ふき用のタオルは勿論持参すると思いますが、河川敷などは足元が悪い場合も少なくないので、
足拭き用のタオルを用意しておくことをおススメします。
●迷子札
「子供と離れる事はないから大丈夫」なんて思わずに、絶対に用意しておきたいのが迷子札。
名前と電話番号を記入したものを子供の身につけておきましょう。
リストバンドにして腕につけておいたり、首から下げて服の中に入れておくなどすれば、
迷子を見つけた大人が気づきやすいのでおススメです。
●ハーネス
1~2歳のお子様であれば、ハーネスを付けておくことをおススメします。
日本ではまだまだ敬遠されがちなハーネスですが、
子供が迷子が混雑の中迷子になってしまう危険性を思えば、
堂々とハーネスを付けておく方が賢明でしょう。
●虫除け
体にスプレーしておく事は勿論ですが、
屋外用の小さな電子蚊取り線香などをシートに置いておく事と良いです。
また、刺されてしまった時用の虫刺されクリームなども持っておきましょう。
●懐中電灯
足元はとても暗いので、もっておくと便利です。
●飲み物、食べ物
しっかりとお弁当持参で花火見物の中食事をするのも有りですが、
そうでない場合でも、飲み物とちょっとした食べ物は持っておくと良いです。
●ゴミ袋
これはマナーとして絶対に必要ですよね。
●タオルケット
シートでお尻が痛い時に、夜ちょっと肌寒い時に、花火見物中に子供が眠ってしまった時に・・・
と、タオルケットやブランケットは持っていると何かと便利です。

他にも、待ち時間子供が飽きないように、
絵本や他の人の迷惑にならないようなおもちゃなどは持っていると良いでしょう。

また、子連れには必須のベビーカーですが、このように人で混雑する会場では、
歩く時にも見物中にも他の方の迷惑になるため持っていかないのが賢明。
小さなお子様であれば、抱っこひもを利用するなどしましょう。

どうしてもベビーカーが必要な場合は、
混雑する場所や、シートでの座り見物席を避け立ち見するなどして、
他の方の迷惑にならないようにしましょう。

 

しっかりと準備をして、
今年は是非、お子様と一緒に花火大会を楽しんでみてくださいね!

★全国の花火大会情報はこちらがおススメ!→全国花火大会

MAMA's JOB 公式

397,571 views

元女性誌編集者・元広告代理店勤務・元デザイン会社勤務・元キャスティング会社勤務等の経歴を持つママたちが、 それぞれの経験を生かしながら、専業主婦の傍らで在宅...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧