ママは投資に向いている!~その4.利用するスーパーマーケットについて調査!~

あなたは、スーパーマーケットへ毎日行きますか?
実店舗とネット注文のどちらを利用していますか?

ママは、スーパーの情報に詳しいですね。

では、その情報を管理し、投資に使ってみましょう。

1.自分の利用しているスーパーが上場しているか調べよう

上場しているスーパーと運営会社(著者調べ)

●イトーヨーカドー、ヨークベニマル
→それぞれは、上場していない。
株式会社 セブン&アイ・ホールディングスの傘下。

●イオン
→イオン株式会社

●いなげや
→株式会社いなげや

●ダイエー
→株式会社ダイエー

●ユニー
→ユニーグループ・ホールディングス株式会社

●ライフ
→株式会社ライフコーポレーション

●マルエツ
→株式会社マルエツ

●ベルク
→株式会社ベルク

ここに記載されていないスーパーを利用していても、
投資やマネーの総合情報サイトや、Yahoo!ファイナンスなどで調べることが出来ます。

2.自分の利用するスーパーの感想をママ友に聞いてみよう

どこのスーパーを利用しているのか?
なぜ利用しているのか?
ママ友に聞いてみてください。

著者は、イオンとイトーヨーカドーを利用しているのですが、

●イオン→利便性
ネットスーパーの注文が時間ぎりぎりになったとしても、空きがあることが多い。
イオンラウンジという会員限定のラウンジが使える。飲み物が飲み放題、試食のお菓子もある。
(ゴールドカード保持者もしくは株主)

●イトーヨーカドー→品質
品質の良さは、実体験で感じたことでもあり、
ママ友の間でも、肉魚が特に良い!という意見が多い。

という理由から上記の2店舗を利用しています。

ママ友に利用しているスーパーについて聞いてみるのは、重要なマーケティング。

スーパーマーケットの株を買うか検討する際に、ママ友との会話は大事な情報になるのです。

スーパーに最も足を運んでいるのは、私たちママですから。

 

 

ここまで準備が出来れば、もう後は簡単です。
前回の記事『ママは投資に向いている!~その3.株価チェックをしてみよう~』に記載した通り、「買おうと思う株」のリストに入れて、セール価格になる日を待ちましょう。

P R

ABOUTこの記事をかいた人

たかはしみずせいこ

2009年生まれの娘と夫との3人暮らし。 大妻女子大学卒業。 産後、一旦専業主婦になるが「老後はセレブ老人ホームで暮らしたい」気持ちの元、ワーキングマザーになる。 現在、1.投資と経済に敏感 2.お得に生活したい 3.教育にもお金をかけたい と お金に関して調べる日々を暮らしています。