かけっこは練習すれば速くなる!速く走れる練習方法

スポーツの秋。
といえば、子供たちにとって大きな行事、運動会!!

最近では順位を付けないとか競争をしないというやり方もあるそうですが、
運動会といえば、やっぱりかけっこ(徒競走)は見どころですよね。

お子さんの中には、運動が得意で、かけっこ(徒競走)で一番になる!と意気込む子がいれば、
僕は運動が苦手だからかけっこ(徒競走)は嫌だな・・・とナイーブになっている子もいるでしょう。

ですが、かけっこ(徒競走)が苦手と思っているお子さんをお持ちの親御さん、安心してください!

実は、かけっこはコツを知ることで速く走れるようになる競技なのです!!!

 足が速くなるトレーニング方法とは!?!?

あなたの周りの足の速い子、足の遅い子をちょっと思い浮かべてみてください。

足が速い子っていうのは、走り方がとてもキレイなのですが、
足が遅い子っていうのは、なんだか走り方が「あれ!?」というフォームであることが多いのです。

そう、つまり、足を速くするには、走り方のフォームがとても重要なのです。

 1、正しいフォームを作るための姿勢

壁にぴったりと背中を付けて立ってみましょう。
かかと、おしり、頭の3箇所がぴったりと壁につくように意識し、
真っ直ぐに立つことができたら、そのまま腕をしっかり振りながらゆっくりと真っ直ぐ歩きましょう。

速く走るには、顔が上がり、胸を張り背筋がピンと伸びる必要があるのです。

まずはこの正しい姿勢をしっかりと体に叩き込んでください。

 2、腕の振り方

走る速さを速くするには、腕の振り方がとても重要です。

つま先による反発力に加えて腕をしっかり振ることで、自然とスピードが上がるのです!!!

腕を振るコツは、脇をしめ手のひらの力を抜き体の横で手を真っ直ぐに振ることです。
そして、上半身を動かさずに腕だけを大きく振ることです。

 2、ももの上げ方

速く走れるフォームというのは、ももを高くあげ、足を前へとしっかり踏み出すフォーム。

足が遅い子は、前へ前へ急ぐあまり、ももがきちんと上がっていないことがとても多いので、
しっかりももを上げ足を前へ出すということを意識しておきましょう。

 3、着地の仕方

つま先から地面に着地することが大切です。

かかとから着地してしまうと、走りにブレーキがかかってしまうので、
必ずつま先から先に着地するようにしてください。

ゴールデンエイジを大切にすれば、子供の運動神経は良くなる!

運動神経は、ゴールデンエイジと呼ばれる時期に、どれだけ運動をするかで運動神経の発達が左右されると言われています。

ゴールデンエイジとは5歳から14歳までのことで、
この時期は、神経系の発達が著しい時期なのだそうです。

できる限りこの時期に、子供にはたくさん運動をさせてあげましょう。

運動神経が良いということは、怪我のしにくさにもつながりますよ。

子供の能力というのは、やはりきちんと伸ばしていけるものです。

「うちの子は運動神経が悪いから」などと諦める必要はありません。

是非、ご家庭でできるところから正しいフォームの練習をしてみてくださいね。

P R

ABOUTこの記事をかいた人

MAMA's JOB 公式

元女性誌編集者・元広告代理店勤務・元デザイン会社勤務・元キャスティング会社勤務等の経歴を持つママたちが、 それぞれの経験を生かしながら、専業主婦の傍らで在宅フリーランスとして活動中。 ママたちがもっと輝けるお手伝いがしたい!と、 MAMA's JOBでは有志でママに役立つ情報やママが楽しめる情報を探し執筆しています。