• HOME
  • コラム
  • 子供
  • 【おもちゃ整理術2】選び取るだけで宝箱のようなおもちゃ棚が実現!

【おもちゃ整理術2】選び取るだけで宝箱のようなおもちゃ棚が実現!

おもちゃ収納方法
子供

前回から2週間、おもちゃスペースの理想は描けましたか?
おもちゃと共に送る理想の暮らし方が明確になってきましたか?

「早速リビング横に置く大容量の白い収納棚を探しに行こうと思います」
「大きな木のウォールステッカーを買い足したいと思います」
なんてワクワクした声が聞こえてきそうですね。

でもね、「ちょっと待ってください!!」

理想や構想が固まったからと、ワクワクして収納や飾り物を買い増すのは
既にたくさんのおもちゃを抱え込んでいる場合、少し順序が異なってきます。

まずは何よりお手持ちのおもちゃを見直すことが先。

理想や構想が固まったということは、ご自身の中のおもちゃに対する思考が整理されたしるし。

そのような状態で次の3ステップを行い、
おもちゃひとつひとつと向かい合い見直していただきたいと思います。

step1【全て出す】→step2【選び取る】→step3【収納する】

面倒そう…。
慣れないうちはそのように感じるかもしれませんが、この作業を行うことでお片付けは着実に理想の方向へ近づきます。

step1.【全て出す】

まずはお家の中にあるおもちゃを全て一ヶ所に寄せ集めて並べてみて下さい。

写真1入れ替え

すっかり忘れていたあんなおもちゃ、こんなおもちゃ…。
“我が家は保育園”でもないのに、
こんなにも持っていたのかとびっくりすることと思います。

普段よく使っているおもちゃの他にも、
お子さまランチに付いてきた壊れかけたヘリコプター、なくなったと思っていたパズルのピース、デパートの催事で作ったアイロンビーズの未完成品・・・・・
色々なおもちゃが次々と出てくることでしょう。

そうなのです。
抱え込んでいた量の多さにびっくりしていただくのがこの全部出しの最大の目的。
おもちゃを買ってもらった子どもも、買った大人も、
様々な形で増えていくと、一体どれだけ持っているのかがわからなくなっていきます。
ですのでそれを全部出して目の当たりにし、量やカテゴリーを把握していただきます。

step2.【選び取る】

お手持ちのおもちゃを全部出して把握していただいたら、お次は選び取っていきます。

この際のポイントは、不要なモノを選び抜くのではなくて、お子様やあなたにとって大切なものを選び取ること。

また、要る/要らないの2分類ではなく、
複数のキーワードを組み合わせた4つ程に分類し選び取っていただくことをオススメします。
(例:好きでよく使う/好きだけど使わない/好きじゃないけどあれば使う/好きじゃないし使わない)

写真2

幼稚園ぐらいのお子様ですと判断が出来てくるので、写真のような分類法でお子様自身に選び取ってもらい、
その後にママが再度行う2段階方式も良いですね。

おもちゃは子どもの成長にかかせないもの。
だからこそ成長に合わせた遊びができるように、ママはその観点も忘れないで選んで下さいね。

例えば、3才のお子様に小さなミニブロックはまだ早いかもしれません。
3才のお子様におしゃぶりはおもちゃ棚の中になくても良いのかもしれません。
写真3

時期が早いものや思い入れの強いものは別の場所に保管しておくと良いです。

そして「もういい」と判断されたおもちゃ達は、捨てるだけが手放す方法ではありません。

子供関連施設に寄付したり、お友達に譲ったり、
オークションで売ったり納得できる方法で「ありがとう」と温かく送り出しましょう。

ここまでできれば8割型おもちゃの整理ができてきているはずです!

次回はステップ3、収納です。

松林奈萌子

0 views

ライフオーガナイザー&整理収納アドバイザー お家がお洒落に見える収納法やこころ弾む片付け法をブログで綴っています。 「あなたのLifeはもっと素敵に整理でき...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧