もう一度ビキニが着たい!を叶える、出来てしまった妊娠線を消す方法

妊娠線を消す
ビューティー・ヘルス

できてしまったストレッチマーク(妊娠線)、諦めないで!

妊娠中、急激に大きくなるお腹に皮膚がついていけず、出来てしまうストレッチマーク(妊娠線)。

しっかりと保湿をして皮膚を柔らかく伸びやすくしておく事で防げると、妊娠中、しっかり保湿ケアをしていた人は多いはず。

でも、しっかりケアしていたのにストレッチマーク(妊娠線)が出来てしまった。
そんなママは少なくありません。

ストレッチマーク(妊娠線)は、急激にお腹が大きくなる時だけではなく、
赤ちゃんが生まれようと降りてくる時や、出産時のいきみ、また産後お腹が急激に縮む事でも出来ると言われており、
臨月までなかったのに、産後には出来てしまった!という事もあるのです。

何もしてなかったけど出来なかったというママが居るように、
残念ながら元々持ってうまれた体質が、ストレッチマーク(妊娠線)が出来てしまった原因なのかもしれません。

出来てしまったストレッチマーク(妊娠線)は、現段階ではレーザー治療ですら完全に消す事は出来ないと言われていますが、
自宅での正しいケアや、レーザー治療などを行う事で、かなり目立たなくさせる事が可能です。

出来てしまったからと諦めてしまうのではなく、出来るケアをしていきましょう。

産後のお腹をたるませない!

妊娠線は、産後お腹が急激に縮む事でも起こると言われています。
産後の急激なダイエットは厳禁です。

産後はお腹がたるまないように、しっかりウエストニッパーなどでしめ、
また、適度に運動をして筋肉量を増やす事も大切です。

食事・サプリで内側からケア

低カロリー・高たんぱくの食生活を心掛け、意識してコラーゲン・ビタミンCも摂取しましょう。
ざくろやいちじくなど、天然の女性ホルモン補給も効果があるようです。

サプリメントでストレッチマーク(妊娠線)にも効果があると言われているのがプラセンタ。
ストレッチマーク(妊娠線)はメラニン色素が付着し、黒ずんでしまう事からも産後に消す事が難しいとされているそう。
プラセンタには、成長因子(細胞分裂を活性化させる)が含まれているため、
裂けてしまった皮下組織を修復改善できるとともに、メラニンを抑制する作用もあるため、効果があると言われています。

専用商品で保湿ケア

しっかり保湿することが大切です。
通常使用しているお気に入りのクリームなどでしっかり保湿マッサージをするのでも勿論良いですが、
ストレッチマーク(妊娠線)専用に開発されたものは他の保湿ケア商品と比べ、真皮にアプローチできる分効果が高いようです。

保湿ケアは、お風呂から上がり、体の水分が蒸発しないうちに素早くしっかり行うのがポイントです。

バイオイルは傷跡やストレッチマーク(妊娠線)をケアするオイル。
虫刺され跡やニキビ跡、毛穴が引き締まるなど、ストレッチマーク(妊娠線)以外にも効果があると人気のケア商品です。

またビキニが着れるように・・・!

妊娠中、しっかりケアをしていたママや、
出来てしまったストレッチマーク(妊娠線)があまり大きくないママであれば、
食事などでの内側からのケアと、専用クリームを使ったマッサージケアを継続していくことで、
本当に目立たなくなるそうです。

1ヶ月程続けると変化を感じられる人もいるようですが、やはり数か月掛かる人が多いようなので、
地道に諦めずケアを続ける事が大切なので、
すぐに効果が出ないからと諦めないでくださいね。

ただ、大きくひび割れてしまったストレッチマーク(妊娠線)は、上記方法だけでは
目立たなくなった!と感動するまでの回復はやはり難しいよう。

そういった場合はやはり、医療機関にレーザー治療などの相談しましょう。

MAMA's JOB 公式

168,081 views

元女性誌編集者・元広告代理店勤務・元デザイン会社勤務・元キャスティング会社勤務等の経歴を持つママたちが、 それぞれの経験を生かしながら、専業主婦の傍らで在宅...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧