ムース オ フランボワーズ ~ラズベリーのムース~

ムースオフランボワーズ

子育てをしているとなかなかパティスリーやカフェに行くのも難しいですよね。
そんな時、おうちにいながら、お店のような気分でスイーツが味わえたら。

今回は簡単にフランス菓子が楽しめる、ムースをご紹介します。
フランス菓子の定番、フランボワーズ(フランス語でラズベリーのこと)を使った簡単ムースです。

生のフランボワーズ(ラズベリー)はなかなかお目にかかれませんが、スーパーの冷凍コーナーでも手に入る「冷凍ラズベリー」を使って作っていきます。

ムースとは泡という意味。
今回のムースの泡の素は手軽にできる生クリームで。

また、せっかくなので、板ゼラチンも併せてご紹介します。
粉ゼラチンより軽量も楽で、扱いも簡単です。

ムース オ フランボワーズの作り方

材料/道具・・・ダブルのショットグラス(約60ml)5~6個分
ムースオフランボワーズ材料
  • フランボワーズ(冷凍ラズベリー)…70g
  • グラニュー糖…30g
  • 板ゼラチン…3g
    (板ゼラチンがなければ粉ゼラチンでOK。ゼラチンの5倍の水(15cc)を入れてふやかして使用)
  • 生クリーム…150cc

【飾り用】

    • フランボワーズ…1グラス3個程
    • ミント
    • ビスキュイ(好みのビスケットなどでもOK)
    • ケーキ用のピック

【道具】

  • ホイッパー(泡だて器のこと)
  • ゴムべら(大、小あると便利)
  • ボウル
  • 耐熱容器(レンジにかける時に使用)
所要時間目安

用意から冷やし固めて盛り付けまで約1時間半
(冷蔵庫で冷やす時間を除いた作業時間は30分程度です)

板ゼラチンの使い方
板ゼラチンpoint

板ゼラチンは、使う前に水につけてふやかします。
(写真参照:水でふやかしたところ⇒ふやかした後の板ゼラチン)
お湯を使うと溶けてしまうので、必ず冷たい水を使用してください。
板ゼラチンが大きくてボウルからはみ出る場合は、キッチンばさみなどで半分にカットしてから入れると入れやすいですよ。

作り方

フランボワーズ+グラニュ糖
耐熱容器にフランボワーズとグラニュー糖を入れて、ふんわりラップをかけ、600Wのレンジで1分20秒~1分30秒温めます。1分過ぎたら沸騰しすぎないように様子を見て温めていってください。

フランボワーズをこす
①を裏ごしします。
裏ごし器があれば裏ごし器を使用しますが、分量が少ないので茶こしを使用すると楽です。また、ざるを使用してもOKです。

フランボワーズは種が多いので、しっかり裏ごしする事でムースの口当たりが良くなります。

水につけてふやかしたゼラチンを、箸などでゼラチンだけをすくって耐熱容器に入れ、レンジで10秒温めて溶かします。

②に③で溶かしたゼラチンを入れよく混ぜます。よく混ざったら、冷ましておきます。
※ここまでの工程は分量が少ないため、小さなゴムべらを使用すると作業しやすいです。裏ごしも、小さなゴムべらがなければティースプーンなどを使用しても。
生クリームを7分立て(持ち上げてとろりと落ちる位)に泡立てます。

冷めた④に⑤の生クリームをまずは半分入れて、ゴムべらでよく混ぜます。

ムース混ぜ終わり
混ざったら残りの生クリームを入れて、氷水が入っているボウルに当てながら混ぜます。

少しムースの濃度(混ぜた時に少し筋ができる位)がつくようになってからグラスに注ぐと、ムースが安定し、固まる時間が短くて済みます。

グラスとフランボワーズ
お好みのグラスにフランボワーズをひとつずつ入れて(お好みで増やしてもOK)、その上にムースを入れていきます。

上にラップをして、冷蔵庫で30分~1時間冷やします。
ちょっと大き目のトレーやスクエアのお皿の上に並べて冷やすと出し入れが楽で便利ですよ!
ムースが固まったら、盛り付けをして完成!

デコレーションのポイント

お菓子は見た目も大切。美しくかわいらしい、そんな見た目でよりワクワク感もアップします♪

ちょっとしたことに気を付けてデコするだけで、おしゃれなスイーツが楽しめますよ。
ムースデコ
フランボワーズは、イチゴのように立てて飾るだけじゃなく、穴の部分を上に向けても表情が出て素敵です。今回は、立てて置く隣に穴の部分を上に向けたものを置いています。

ビスキュイ
こちらは用意しておいたハートのビスキュイ(別立てのスポンジ生地をハート型に絞って作りました)。お好みで好きなビスケットや冷凍のパイ生地をハートにくり抜き焼いたものなどを添えても♪

ムースデコ完成
ミントやセルフィーユなどのハーブを添えると彩りもきれいです。

ケーキ用のピック(製菓材料のお店で売っています)を添えるとさらにお店仕様になりますよ!

また、残った生クリーム(一般的な200ccのパックだと50cc余ります)などを絞っても◎!

楽しみ方もアレンジもいろいろ♡

今回はフランボワーズを使用しましたが、
季節のフルーツやお好きなフルーツに分量を置き換えて作ると違うお味のムースができます。

イチゴ、マンゴー、メロンなどはあらかじめハンドブレンダーもしくはジューサーなどでピューレ状にしてから同じ作業を行ってください。

また、盛り付けに使うグラスや器によっても見た目が変わってきます。
高さがあるもの、形も丸や楕円、スクエア、素材もガラス、ココットなどなど・・・

お菓子の楽しいところは、同じ生地を使っても、
盛り付けで表情がぐっと可愛くなったり、エレガントになったり、カジュアルになったり変化するところ。

お菓子の魅力、
ぜひ簡単に楽しめるムースで味わってみてくださいね!

P R
ムースオフランボワーズ

ABOUTこの記事をかいた人

Minami

8歳差の男の子と女の子を子育て中のママです。 大好きなフランス菓子を中心に、おうちスタイルで子供たちと楽しんでいます。 作ったお菓子を撮影するのも好き。 お菓子の持つかわいらしさ、美しさ、おいしさ、そして笑顔の魔法を伝えられたら嬉しいです。