免疫力アップ!親子で一緒にぬか漬けを作ろう!

日本の食卓では定番のぬか漬け。ぬか漬けには免疫力を高める効果もある事をご存知でしょうか。

今日は、自宅でお子さまと一緒に簡単に作れるぬか漬けをご紹介します。

自家製ぬか漬け

材料/道具
  • いりぬか…500g
  • 水…500ml
  • 粗塩…60g
  • 昆布…5×5cmのもの2枚
  • 唐辛子…1本
  • 干し椎茸…1枚
  • キャベツ…3枚
  • 生姜…2かけ
作り方

まずはぬか床を作ります。
沸騰させたお湯に粗塩をとかし、粗熱が取れたら2~3回に分けてぬかに加え手でよく混ぜる。
よく混ざったら、昆布・唐辛子・干しシイタケ(半分に切る)を加える。

保存容器にぬか床の1/3を入れ、その上に生姜1かけとキャベツの葉の半量を入れ、またぬか床の1/3を入れ、残りの生姜とキャベツを入れた上にぬか床を乗せる。
最後のぬか床は、野菜がはみでないようにし、ぬかを平らにならしてからふたを閉める。
これを常温で保存します。

7日~10日間、1日1回以上、ぬか床を底から返すようにして混ぜる。
ぬかが空気に触れるように混ぜて下さい。
また、生姜とキャベツは3日程度で新しいものに交換してください。

7~10日経ったら、生姜とキャベツを取り出し、なすやきゅうりなどお好みの野菜に塩を少しすりこみ、ぬか床に手で押し込むように入れ、ぬかを平らにならす。
冷蔵庫で1日程寝かせれば自家製ぬか床で作るぬか漬けが完成!!

ぬか床は毎日混ぜなくても大丈夫!

9465e5c45a3a627471691801e101f5b0

毎日かき混ぜるのが面倒臭そうなイメージのぬか漬けですが、一度ぬか床が完成したら、冷蔵保存しておけば2~3日に1度かき混ぜればOK!

また、ぬか床は冷凍保存が出来るので、旅行などで長く家を空ける時にはぬか床は冷凍庫へ。

帰宅したら自然解凍して使う事ができます。

ぬかに野菜を押し込んだり、ぬか床を混ぜる作業は子供にとっても楽しい作業。

火を使うなどの危ない作業がひとつもないので、小さなお子さんでも一緒に楽しんでぬか漬け作りが楽しめるので、是非ご一緒にぬか漬け作りをしてみてくださいね♡

P R

ABOUTこの記事をかいた人

MAMA's JOB 公式

元女性誌編集者・元広告代理店勤務・元デザイン会社勤務・元キャスティング会社勤務等の経歴を持つママたちが、 それぞれの経験を生かしながら、専業主婦の傍らで在宅フリーランスとして活動中。 ママたちがもっと輝けるお手伝いがしたい!と、 MAMA's JOBでは有志でママに役立つ情報やママが楽しめる情報を探し執筆しています。