子連れでハワイ↔日本の7時間フライトは不安がいっぱい。子連れ飛行機の機内で役立ったアイテム

子連れ旅行

子連れでの機内、「飛行機の中でじっとしていられるかな?」「子供が泣きだしたらどうしよう?」ママたちは出発するまで心配が尽きないもの。

それが、ハワイ↔日本の7時間という長時間のフライトであればなおさら。

今年の夏は、私1人で5歳・3歳・1歳の子供3人を連れて日本への里帰りだったので、
子供たちが愚図った時のためにといろいろと準備していきました。

そんな中で役立ったアイテムを3つご紹介します。

子連れ旅行の長時間のフライトを乗り切るためにあると便利なもの3つ

子供用ヘッドフォン
headphone1

5歳の長男と3歳の次男用に持って行った子供用のヘッドフォン。

機内でもらえるイヤホンよりも、長時間使う子供たちにとってはこちらの方が使い心地が良いみたいです。
ちなみに、この子供用のヘッドフォンは子供の耳を保護するために最高音量が設定されていて、一定の音量以上は出ないようになっています。

headphone2音量調節のコントロールがついているのも便利。

子供用使い捨て紙コップ(蓋&ストロー付き)・プラスチックコップ
cup2

子供用のドリンクは、このような蓋&ストロー付きのコップを提供してくれる航空会社もあるようですが、
今回私たちが利用したハワイアン航空はそうではありません。

航空会社によって異なるので、小さい子供用には蓋とストロー付きのカップを持っておくと安心です。

cup3紙コップがすっぽり入るサイズのプラスチックコップがあれば、
座席前のポケットに入れても紙コップが潰れず便利です。


まだ上手にコップ飲みができない1歳8ヶ月の娘。
普通のコップで飲むお兄ちゃんたちの横で、自分だけいつものマグだと嫌がるだろうな~と予想して、特別な紙コップを用意してみましたが、案の定、これだと喜んで使ってくれたので、おすすめです。

子供用スタイ&フェイスタオル
bib

まだ上手に一人で食べたり飲んだり出来ない小さな子供には必要不可欠のスタイ。
濡れたり汚れたりしてもささっと拭けば大丈夫な、水をはじくタイプのものがおすすめ。
子供の数が多いと荷物も多くなってしまいますが、これがあればもしもの時の着替えも最小限に抑えられます。

フェイスタオルは、いつでも使えるように座席のそばに用意しておいて、
子供が何かこぼした時などに備えるのはもちろん、
眠った子供の肩と耳の間に挟めば首の負担も少しは抑えられるので便利です。

 

この3つのアイテム以外にも、子供の好きなお菓子、絵本や玩具など色々持っていきました。
使ったものもあれば、全然使わなかったものもありますが、
幸いにも子連れでの飛行機の旅は心配していた程大変ではなく、無事に済み一安心。

夏休みシーズンはそろそろ終わりですが、
これから小さなお子様を連れて飛行機を利用する方、よろしければ参考にしてみて下さい。

P R
子連れ旅行

ABOUTこの記事をかいた人

KittyKai

2009年~2012年生まれの二男一女のママ。ハワイ生活8年目。 ブログ「Hawaii Times (ハワイ・タイムス)」では、ハワイでの子育てやグルメ、 DIYなどマイペースに綴っています。 在宅でビデオ編集の仕事もしています。