第三子中絶率は7割も…夫婦が真面目に知っておくべき避妊の話。

ライフスタイル

実は30代・40代の既婚者にも多い人工中絶

望まない妊娠や人工中絶というと、10代や独身女性達の悩みでしょう。と、他人事のように感じてしまうでしょうか。

しかし、実は30代や40代の既婚女性の人工中絶件数はとても多く、40代では中絶率が7割近いといいます。

また、子供のいる夫婦であっても中絶を選択する家庭は少なくなく、
なんと、第三子を授かったうち、中絶を選択する夫婦は約7割もいるんだって。

私は3人子供がいるけど、3人目を授かった時には子供には申し訳ないけれど実はとても戸惑いがあったのを今でもハッキリ覚えてるの。

  • 子供が3人いたら、誰か一人とは手が繋げない
  • どうやって自転車に乗ったらいい?
  • 3人私立に行くって考えたら、教育費がどれだけかかる?3人育てていける経済力があるかな・・・

そして当時、ちょっと育児に自信がなくなってた私は、本当にもう一人育てることができるのか…
そんな不安もあったのです。

夫婦なのに?子供もいるのに?
中絶なんて頭によぎるだけでも非道徳的でしょ。
そう思う人もいると思うけど、
なぜ、温かい家庭を持ち、子供の可愛さも十分に知っている夫婦達が中絶という選択をしてしまうのか。

そこには、

  • これ以上子供が増えると経済的にやっていけない
  • 自分や配偶者の年齢が高齢なため、妊娠・出産に不安がある
  • 仕事や介護で子育てできる環境にない
  • 上の子供と年齢が離れすぎている
  • 病など子育てに不安な状況がある

等の理由があり、それは産んで育てていかなければいけない夫婦にとってはとても深刻な問題なんですよね。

 

避妊方法と、避妊率

コンドーム

一番メジャーで手軽・安価にできる避妊法が、コンドーム。

large (5)
コンドーム 避妊率90%以上
500円程度〜商品や枚数により異なる

・安価で手軽である
・コンビニやドラッグストアでも手に入る
・体質に合わない場合がある
・性交の度に装着の必要がある
・つけるタイミング・行為後の精液漏れ・破損などで避妊に失敗する可能性がある

[button color=”#fda19f” title=”販売ページへ” icon=”icon-basket” url=”http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/0e05bb9c.47875513.0e05bb9d.63851dd0/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fkenkoex%2fokamoto_003%2f%3fscid%3daf_link_tbl&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fkenkoex%2fi%2f10170652%2f”]

a

ピル

現在、医師の処方箋がなくてもピルの購入が可能というインターネットサイトもありますが、
ピルを服用する際は必ず医師に処方してもらうようにしましょう。

ピルには副作用が出る人もいるし、ネット販売されているピルは仕入れルートも不明。
安全のために必ず医師に処方してもらって。
ピル
ピル 避妊率99.9%以上
月2000円〜3000円

・太る、頭痛、吐き気、だるさなどの副作用がある場合がある
・決まった期間同じ時間に忘れずに薬を飲む必要がある
・生理のタイミングを変えることができる
・子宮ガン、卵巣ガンの発症リスクが減る
・保険適用外

a

 

避妊リング

避妊リングとは、女性の子宮に取り付ける避妊器具のこと。

避妊リングには種類があり、種類により、避妊できる年数や価格、避妊率が異なる。
images (2)

避妊リング 避妊率99%以上
30000円程度〜種類・病院により異なる

・避妊リングを装着すれば、性交の都度避妊をしなくて良い
・避妊効果が数年続く
・保険適用外
・自分で着脱できない
・定期検査と数年に一度のリング交換が必要
・装着時に痛みがある
・器具を外せば妊娠できる

避妊リングを外せば再び妊娠をすることができるから、「3歳差で計画したいから…」と期間限定でリングを装着しておく!ということもできるのはメリット。

a

 

パイプカット

パイプカットとは、男性が精子を送り込む精管を遮断する手術のこと。

避妊率は一番高いが、リスクが一番大きいため、夫婦でしっかりと話あって決断する必要が。
large (6)
パイプカット 避妊率99.99%〜
60000円〜

・保険適用外
・限りなく100%に近い避妊率
・手術を受けるのに原則として条件がある
一度遮断した精管をもとに戻すことが困難なため、再び子供をもうけたいと思った時に子供を作ることが難しくなる

a

 既婚者の望まない妊娠は深刻

既婚者の人工中絶は、精神的に傷つくだけじゃなく、
夫婦間でぎくしゃくしたり、家庭崩壊へと繋がることもありうる重大な問題。

望まない妊娠を避けるために、避妊具について正しい知識を持ち、避妊率が100%ではないことも頭に入れておかなきゃいけませんね。

そして、もう絶対に、もう絶対に子供を設けても産めないとわかっているなら、
パイプカットするなど重大な決断も必要かもしれない。

家族計画だけじゃなく、
これからは夫婦でしっかりと避妊方法についても考えてみてほしいと思います。

jelly

0 views

3児のハーフママ。 グランマのお家(カリフォルニア)に年に2度は遊びに行くので、海外の流行もいち早く入手♡ ママでもキレイで楽しくいれる情報を沢山届けたいな...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧