肌や体質まで変わる!!本当は大切なデリケートゾーンのケア。

ビューティー・ヘルス

デリケートゾーンのケア、どうしてる?

デリケートゾーンのケアってどうしていますか?

欧米では若いうちからデリケートゾーンのケアをするのって当たり前。

日本でも美容感度の高い人の中では密かにブームになっていますが、 全体で見てみると、まだまだデリケートゾーンの脱毛やケアに関しては日本人はとても遅れています。

  • 下着で擦れて黒ずんでいる
  • 産後デリケートゾーンがかたくなった
  • 乾燥やムレでかゆい

など悩んでいる人は多いのに、ケアの方法が一般に広まらないのは、やはり「デリケートゾーンのケアってしてる?」って他人に聞きづらいから。誰にも聞けないから正しいケアの仕方が分からない。
きっと、そういう人が多いのではないでしょうか。

そんな中、昨年伊勢丹新宿店で先行発売され、美容感度の高い女子たちの間で話題になっていたのがこちら。
アンティームオーガニック。

アンティームオーガニックは、日本のフィトテラピーの第一人者として活躍する森田敦子さんが開発した、日本人女性に合ったデリケートゾーン専用のケア用品シリーズ。
  
<アンティームオーガニック by ルボア> アンティーム ホワイト クリーム 100ml
<アンティームオーガニック by ルボア> アンティーム フェミニン ウォッシュ 100ml
<アンティームオーガニック by ルボア> アンティーム ローズ ローション 100ml

左から、
アンティームホワイトクリーム (100ml/2808円)
デリケートゾーンだけじゃなく、Vラインやわき、乳首の黒ずみにも使用できる黒ずみ予防の保湿クリーム
アンティームフェミニンウォッシュ (100ml/2160円)
肌に合わせて弱酸性で洗えるオーガニックソープ
アンティームローズローション (100ml/3240円
性行時の潤滑ローション

デリケートゾーンのケアが必要なのは、 実は黒ずみや乾燥などのためだけではありません。

膣粘液は免疫力にとても影響しており、自浄作用や体の弾力を維持する事にもつながっているため、デリケートゾーンを正しくケアし質の高い膣粘液を作る事で、むくみ、冷え症、PMS、月経痛が緩和されたり、不妊などにも効果が出てくるそうなんです。

産後はホルモンバランスも乱れるため、PMSの症状の悪化など多くみられるので、
自分の免疫力を高め、体と心のバランスをるという意味でもデリケートゾーンのケアはとても大切にしたいですよね。

MAMA's JOB 公式

282,531 views

元女性誌編集者・元広告代理店勤務・元デザイン会社勤務・元キャスティング会社勤務等の経歴を持つママたちが、 それぞれの経験を生かしながら、専業主婦の傍らで在宅...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧