5万円の罰金に懲役も…6月から変わった『自転車運転マナー』

子供

2015年6月、本日より改定された道路交通法の『自転車運転マナー』。

各自転車運転規則違反では罰金も設けられ、3年のうちに2回以上自転車運転規則に違反をすると、有料の安全講習も義務付けられる事になりましたが、みなさん、改定された『自転車運転マナー』はしっかりチェックしていますか?

ママチャリメインで行動しているママは勿論、
一人で自転車に乗れる年齢の子供を持つご家庭では、子供たちへの自転車マナーもしっかり伝える必要がありますね。

してはいけない!『自転車運転』のマナー違反となる行為とは!?

  1. 信号無視
  2. 通行禁止違反
  3. 歩行者用道路徐行違反
  4. 通行区分違反
  5. 路側帯通行時の歩行者通行妨害
  6. 遮断踏切立ち入り
  7. 交差点安全進行義務違反等
  8. 交差点優先車妨害等
  9. 環状交差点の安全進行義務違反
  10. 指定場所一時不停止等
  11. 歩行者通行時の通行方法違反
  12. ブレーキ不良自転車運転
  13. 酒酔い運転
  14. 安全運転義務違反

違反罰則の対象となるのは以上の14項目。

14項目を見てみれば、大体分かると思いますが、今日再確認しておきたいのは14項目目の「安全運転義務違反」。

どんな事がこれに当てはまるのか、見てみましょう。

1.イヤホンなど周りの音を遮断しての運転

イヤホンをしながらの自転車運転は、運転上で必要な周りの音や声が聞こえない状態となることから、最近の事故原因としてもとても多く、改定後の『自転車運転マナー』でも厳しく取り締まられる事に。

5万円以下の罰金となりますので、お子様にもしっかり注意しておきましょう。

2.夜間の無灯火運転

夜間に無灯火で運転している自転車は、かなり近くに来なければまわりの歩行者や車両などに、その存在を示す事が出来ず、そのために事故が起こる事が多いのです。

こちらも5万円以下の罰金となります。

自身は勿論、お子さんにも暗くなってきてからの運転は必ず灯火するよう指導しましょう。

3.携帯電話を使用しながらの運転

こちらはみなさんも身に覚えがある人もいるのではないでしょうか…
携帯電話(スマホ)で通話したりメールしながらの自転車運転。

ちょっとメールの確認をしてみたり、ほんの少しだからと通話しながら走行したり、スマホに地図を表示してそれを確認しながら走ったり…

ですが、携帯電話を操作しながら・通話しながらなどの自転車運転は注意散漫となり非常に危険です。

5万円以下の罰金となりますので、「スマホを触る時は自転車を止めてから」を自身もお子さんにも徹底させておきましょう。

4.傘差し運転

傘をさし視野をさまたげたり、物を持ちながら自転車運転の安定を失うような方法での自転車運転も5万円以下の罰金に。

 運転上で危険となりうる行為は全てNG

片手運転や、音の遮断、視界の悪さ等、自転車を運転する上で危険となりうる行為が全てNGという事。

また、速度も違反になる事があるそうなので、「急いでいるから!」と猛スピードで自転車を走らせる行為もやめましょう。

ルールを守って安全な自転車運転を

large (10)

「自分は大丈夫」と、スマホや傘差し等、ついついやってしまっている人もいるのではないでしょうか。

違反を2回以上繰り返すと、約3時間の安全運転を行わせるための講習の受講(有料)が義務付けられ、子供でも14歳以上は対象となります。

違反となるだけではなく、大きな事故にもなりかねない事なので、自身が気を付けるのは勿論ですが、子供にもしっかりルールを指導して、安全に自転車運転をしましょうね。

MAMA's JOB 公式

399,851 views

元女性誌編集者・元広告代理店勤務・元デザイン会社勤務・元キャスティング会社勤務等の経歴を持つママたちが、 それぞれの経験を生かしながら、専業主婦の傍らで在宅...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧