今年こそ!白くてツルツルの見せれるワキを手にいれよう!

waki

今すぐ始めれば、
今年の夏にまだ間に合うかも!

肌の露出が増える夏、気になるところは多いけれど、中でも特に気になるのがワキ。

最近は低価格プランが多くなっているので、エステで脱毛済な方も多いけれど、
脱毛前の自己処理期からの黒ずみがどうしても消えない・・・と悩む女性は多いです。

せっかく脱毛しても、
黒ずみやワキのぷつぷつが残っていては、思いっきり手を上げる事もできないですよね。

今日はワキの黒ずみがなくなると噂される沢山の方法の中から、
特に口コミの高かった3つの方法をご紹介したいと思います。

 

[label color=”#b0e0e6″ icon=”icon-crown” title=”バイオイル(bioil)を使う” ]

バイオイル(bioil)
123ml  3024円(送料・税込)

[button color=”#fda19f” title=”販売ページへ” icon=”icon-basket” url=”http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/12d7ebc6.f3ff7d55.12d7ebc7.37382b1e/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2frakuten24%2fs001190226208%2f%3fscid%3daf_link_img&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2frakuten24%2fi%2f10075159%2f”]

a

以前、出来てしまった妊娠線を消す方法でもご紹介したバイオイル(bioil)。
傷跡や色素沈着に効果があるバイオイルは、ワキの黒ずみやボツボツにも効果があるそうです。
バイオイルは、普段のスキンケアは勿論、夏の日焼け後の乾燥やニキビ痕にも効果があるので1本持っておくと良いかも知れません。

[label color=”#b0e0e6″ icon=”icon-crown” title=”重曹を使う” ]
重曹(食用グレード)
2kg 678円

[button color=”#fda19f” title=”販売ページへ” icon=”icon-basket” url=”http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/12d7edcb.5adecfb0.12d7edcc.2dfa03f4/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fcosmebox%2fj4904735054511%2f%3fscid%3daf_link_img&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fcosmebox%2fi%2f10006818%2f”]

a

人や環境に優しく、ホームセンターなどで低価格で手に入る、使い道万能な重曹。
重曹を少量の水と混ぜペーストにしたものをワキに塗ると、黒ずみが改善されるそう。
重曹には消臭効果もあるので、気になるワキの匂いにも効果を発揮してくれ一石二鳥!
中には使用を続けていると毛が細くなった!なんて効果を感じた方もいたそうです。
重曹を使用する場合は、食用グレードのものを使うと安心です。

[label color=”#b0e0e6″ icon=”icon-crown” title=”豆乳ローションを使う” ]
フルームスムーススキン豆乳ローション
150ml 2468円(送料・税込)

★[[button color=”#fda19f” title=”販売ページへ” icon=”icon-basket” size=”small” url=”http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/0d716923.64b4c9fe.0d716924.bdb13b7e/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fkenkocom%2fe107402h%2f%3fscid%3daf_link_img&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fkenkocom%2fi%2f10855465%2f”]

a

ダイズエキスとパイナップル酵素のダブル配合のパイナップル豆乳ローション。
ふたつの効果で処理後のダメージ肌を美肌に整えてくれるそう。
パイナップル酵素の配合がない、『豆乳ローション』でも効果はあるようです。

 

どの方法も使用開始から1ヶ月くらいから効果を感じられたそうなので、
今すぐ始めれば、まだ今年の夏の水着にも間に合うかも!

綺麗なワキを目指すなら、コラーゲンやビタミンC・Eなど、
肌のターンオーバーを促進する栄養素を含む食材を多く取り入れ、
脂質の多い食べ物の摂取を控え、普段の食生活にも気をつければ、より早く効果を感じられるかも知れません。

 

MAMA's JOB 公式

57,290 views

元女性誌編集者・元広告代理店勤務・元デザイン会社勤務・元キャスティング会社勤務等の経歴を持つママたちが、 それぞれの経験を生かしながら、専業主婦の傍らで在宅...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧